【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2016年01月16日

賞いただきました

年が明けて、昨年の作品を評価して頂けるありがたい機会がドドッとやってきました。

1/14には、演劇口コミサイトCoRich舞台芸術!におけるユーザーの年間ベスト作品の投票企画“CoRich舞台芸術アワード!2015”にて、サイトに登録された8,660本の演劇公演のうち、アガリスクエンターテイメント『ナイゲン(全国版)』が2位、『紅白旗合戦』が16位にランクインしました。
IMG_3182.PNG IMG_3184.PNG
CoRich舞台芸術アワード!2015のページはこちら
これは観客の方々の純粋な投票の結果で、「年間全部の作品ででどれが面白かったか」に投票するものなので、個人的にはとても大事に思っている企画です。
そして『ナイゲン』は今ではアガリスクの代表作になっていますが、2012年にこのCoRichのアワードで8位になって突如注目されたみたいなところがありますし、このアワードしか受賞していない、というのがとても作品を物語っている気がします(まぁ賞を設けてる劇場で上演してなかったり、賞レースに参加してないんですが)。「純粋な観客人気のみ」ってのがナイゲンらしいなぁ、というか。
とはいえまだ結構な開きがあって1位に届かなかったので、くっそーという気持ちも抱えつつなのですが。

そして翌日の1/15にはサンモールスタジオの新年会がありまして、ここで行われるサンモールスタジオ選定賞の表彰式にて、『紅白旗合戦』が最優秀団体賞(作品賞みたいな一番大きいやつ)を受賞致しました。
で、副賞として賞金と、あとはサンモールスタジオ1週間利用権を頂きました。
091EEBBF-836D-4750-A92A-FCDA3A237BA4.jpgIMG_3178.JPG
2015年度サンモールスタジオ選定賞はこちら
やらしい話をすると、正直、狙ってました。とても欲しがってました。
というのも、サンモールスタジオでとてもやりたい作品があったから。しかしいかんともしがたいくらい資金繰りが苦しかったから。賞の名誉とともに、その公演が出来ることになったのがとても嬉しかったです。
『紅白旗合戦』という作品そのものに関しては、とても思い入れがあるし、この構想・この企画の持つ射程はかなり長いものだと思います。しかし“演劇作品の完成度”という点で語ると同年に上演した後の2作品には届かなかったのでは?という苦い思いと、関係者への申し訳ない気持ちがありました。
発表時の挨拶で、サンモールスタジオの支配人・佐山さんは「この賞は作品の評価だけじゃなく劇団の将来性に対する賞だ(意訳)」というようなことを仰っていたので、遠慮なく、ありがたく頂戴し、これからもガンガン面白いコメディを作っていこうと思います。

これで、2015年の活動は、3月の『紅白旗合戦』でサンモールスタジオ最優秀団体賞(とCoRichのアワード16位)、8月のコメフェス『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』で最優秀作品賞(ほか)、10〜11月の『ナイゲン(全国版)』でCoRichのアワード2位と、長編の演劇公演ではすべて形に残る評価を頂いたことになります。
もうありきたりな言い方だけどさ、ひとえに、一緒に作ってくれた皆様、力を貸してくれた皆様、ご来場下さった皆様、あと、どっかで見ててくれた方々のおかげです。本当にありがとうございました。

で、我々は千葉の公民館で公演をやっていたような野良中の野良な出自ゆえか、僻み根性満点のマインドで自団体や演劇界を語ることが多かったのですが、一昨年や昨年の活動でこれだけの評価を頂いたからには、その根性を改め、正々堂々と、人気劇団への道を目指していかなきゃいけないな、と思った次第です。ひねくれるのは作品内だけにしないとね。

年頭のあいさつと被るんですけど、2016年も面白い作品(既に構想してる作品群がどれも面白そうだよ)を作っていきますので、今後ともアガリスクエンターテイメントをどうぞ宜しくお願いします。

まずは5月しむじゃっくPresentsアガリスクエンターテイメント公演!
ナチスドイツとユダヤ人で、キツくて超笑えるコメディをやります。乞うご期待!


posted by 冨坂 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

予想外に新作書いてる月間。

演劇の台本ばっかり書いてます。
昨年3月に『紅白旗合戦』が終わったときとか、黄金のコメディフェスティバルが終わったときは「俺は…今後舞台の長編新作を書くことなんてあるのだろうか…?」と思うくらい(「いつかコレ書きたいな」はあったんだけど)新作書くのを億劫がってまして、2016年上半期は演劇ちょっと休憩してメディアの仕事したり、そうじゃない堅気の仕事したりしようかなぁと思ってたのですが、ところがどっこい。
杉山さんから超棚ぼた的にご提案頂いたしむじゃっくPresentsアガリスクエンターテイメント公演があったり、あとまだ発表されてないんですが新作執筆の外仕事をもらったりで、3月だか4月だかまでに長編新作を二本書くことになってます。
まだ年明けて2週間経たないくらいなのに、何があるかわかんないですね。
俺の執筆ペース的には結構大冒険なんです。

あとは、「キングオブコント2016への道」って企画で、アガリスクメンバーが3つのチームに分かれてネタ作ってます。昨晩、一つのチームのネタ作りを横で見てたんですが、異常に険悪だったスタートからは想像できないアイデアが生まれてて、とっても面白そうです。
チーム分けした後に「作家として冨坂を召喚してもいいし、しなくてもいいし、任せるよー」と言ったら、誰からもお声がかかりませんでした。頼もしいような、寂しいような。

そんな感じで、昨今のアガリスクエンターテイメントはみんなして台本書いてるという珍しい状況です。

あ、あと演出方面の仕事も一個あるのでお知らせします。
ENBUゼミナール」という映画や演劇の専門学校みたいなのがありまして、演劇ぶっくっていう演劇雑誌の会社が始めたスクールなのですが、そこの公開講座・ワークショップで一日講師をします。参加者大募集です。
1/27(水)15:00〜18:00とド平日なのですが。
詳しい内容は検討中なのですが、おれは演劇全般を教える立場でも何でもないし、コメディの中でもシチュエーションコメディしか詳しくないので、「アガリスクっぽいコメディを作るうえでの〜〜」みたいな内容になると思います。
演劇やっててアガリスク作品の演出とか演技に興味がある方、あとは普段演劇やってないけど「コメディってこういうとこ気を付けて作ってるんだ!?」みたいなメイキングに興味がある方は是非ご参加ください。
平日一日三時間ですが、ぜひ一緒にシチュエーションコメディのこと考えてみましょう。
水曜日のワークショップ

posted by 冨坂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

あけましておめでとうございます2016

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。今年も宜しくお願いします。
さて、1月1日は劇団で沢山発表をしました。

●新メンバーとして熊谷有芳、甲田守、津和野諒が加入いたしました。
はい、そうなんです。入りました。
それと同時にプロフィールも一新したよ。いつもお世話になってる写真家の石澤知絵子さんに撮ってもらったら乗せられちゃって格好良くなりすぎちゃってビクビクしているよ。
新メンバーとして熊谷有芳、甲田守、津和野諒が加入しました

●「キングオブコント2016への道」
3チームに分かれて劇団内予選を行い、優勝したチームがキングオブコント2016に出場します。
新メンバー入団早々仲間割れして競います。
2/24(水)19:30からアガリスク内予選会をやるので、ぜひ皆様ご来場下さい。
まだ秘密ですがチーム分けも完了しました。各チームには「作家として冨坂を召喚するかどうかは自由」って言ったのですが、お声がかからなそうな気配です。みんな自分で書くのね。乞うご期待。
キングオブコント2016への道

●しむじゃっくPresentsアガリスクエンターテイメント公演『安寧日記(仮)』
今まで外注でアガリスク公演の制作をたんとうしてくれてた制作ユニット「しむじゃっく」さんが、うちの公演をまるっとプロデュースしてくれることになりました。中身は今まで通りアガリスクでつくります。
で、久しぶりに長編新作書きます。出演者募集もします。
『安寧日記(仮)』ってタイトルや、「ナチスドイツ占領下のオランダ・アムステルダムを舞台にした〜」とか発表した数時間後に、構想が急展開を見せ、違うものになりつつあるのでどうしたもんか。ともあれ、外国っぽい、歴史っぽい、でもバッキバキにコメディな長編新作をやります。
本番は5/4〜5/15のシアターKASSAI二週間ロングランです。

●ENBUゼミナール「水曜日の小劇場ワークショップ」講師を担当します。
上記のしむじゃっくPresentsの出演者募集とは別で、似たような時期にワークショップ講師を担当します。
ENBUゼミナールっていう演劇の専門学校のお試しワークショップみたいなののの一日講師です。
出演者募集の方はテキスト覚えてきて演じて〜のホントにただのオーディションしかしないし、アガリスクでもワークショップのようなことは当面ほとんどしないと思われるので、もし何か冨坂の創作を体験したい、アガリスクっぽいシチュエーションコメディの作り方を覗いてみたい、って方は是非こちらにご参加ください。
水曜日の小劇場ワークショップ

●台本を書くお仕事、募集してます。
演劇・映像メディア問わず、今年は劇団の活動以外でのシナリオ仕事もバリバリやっていきたいと思っているので、作家探してる方、どうぞよろしくお願いします。


そんな感じで、予想外に盛りだくさんになってきた2016年前半もどうぞよろしくお願いします。
posted by 冨坂 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年を振り返る

さて、今年もあと数時間で終わりですね。
いつもに比べて激動だったアガリスクの活動を中心に今年を振り返ってみます。

【1月】
●劇王天下統一大会 東京予選
劇作家協会の短編演劇イベント「劇王」の全国大会の東京代表を決める予選に、我らの大好きな『エクストリーム・シチュエーションコメディ(ペア)浅越・塩原組』で出場。
本番前に塩原がまさかのインフルエンザでダウン、熱は下がったものの、完治の証明が本番までに間に合うかどうかの瀬戸際、という試合前の騒動で大わらわ。そういや前年夏に『時をかける稽古場』でインフルネタをやった直後に自分達が同じ目に見舞われるとは…。
蓋を開けたらなんとか間に合い、ブロック予選は一位で通過、審査員からも大好評。そういやそのテンションでラジオも録りましたね。
決勝では青春事情に負けて東京代表にはなれず。ケッ!


【2月】
●『時をかける稽古場』の上映会
映像で見てもちゃんとウケたのが嬉しかった。やっぱこの作品面白いよなぁ。
IMG_1550.JPG

【3月】
●『紅白旗合戦』
今までで一番大変な公演だったような気がする。で、作品というか企画の持つ射程の長さで言ったら今までの自作で最長だと思う。その分、まだまだ色々できることが沢山ある公演でしたね。
とはいえ、OPの演出がとんでもなく好評だったり、これを機にアガリスクを見てくれるようになったお客さんが沢山いらっしゃったりと、収穫も沢山あった公演。
これの千秋楽で『ナイゲン(全国版)』の発表しましたね。
IMG_1658.JPG

【5月】
●新宿コントレックスVol.13
アガリスクのメンバー4人コントの決定版『P3/4』を初演。
当初は黄金のコメディフェスティバル2015に生かせるような、それのプロトタイプみたいな短編を作るつもりが、全然逸れてまたもや一人脱落コメディを作ってしまった。
でも結構気に入っている作品。一番最後のところのランダムっぷりとか。


【6月】
●ナイゲン上映会〜Road to Shinjuku FACE〜
ナイゲン(全国版)の上映会をしつつ、東京公演新宿FACEのチケット販売開始。
いやぁ、大変だった指定席販売はここからか。

【7月】
●新宿コントレックスVol.14(アガリスクだらけのコントレックス)
いつかやりたいね〜と言ってた、アガリスクメンバーのみの単独のコントライブが、コントレックスの参加団体が集まらないという不慮の事故でいきなり実現。
大変だったけど(そしてネタ一つ一つの精度という意味じゃ疑問は残らなくはないけど)とても楽しかった。
それにしても、コメフェスの一か月前によくこんなことやれたよなぁ。
20150707_1900.jpg

●天てれの脚本書いてました。
Let's天才てれびくんの福井県の回。

【8月】
●黄金のコメディフェスティバル2015『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』
昨年二位で涙をのんだコメフェスで念願のグランプリを獲得。あと最優秀脚本賞とか観客賞とか高校生審査員賞とか。
いやぁ、嬉しかった。特に、この作品で獲れたのが本当に感慨深い。いわゆる「シチュエーションコメディ」を疑うこと、それでもなおシチュエーションコメディであること、これこそアガリスクのスタンスだよねー、というか。自分で言っちゃったけど。人気とか、作品の持つ迫力とかで言ったら他にも自信作はあるけれど、もし仮に「アガリスクエンターテイメント」って名をつけるならこの作品かな、と思う。
IMG_2846.JPG

【9月】
●コメフェスの作品がBS日テレで放映
↑の黄金のコメディフェスティバル2015グランプリ作品をBS日テレで放映されたよ!皆で見たよ!の巻。

●鴻陵祭に行った
『ナイゲン(全国版)』のメンバーで、モデルとなった国府台高校の文化祭「鴻陵祭」に行った。
IMG_2463.JPG


【10月】
●『ナイゲン(全国版)』東京試演会(にしすがも創造舎)
にしすがも創造舎で稽古して、そのまま10/3と10/4に東京試演会。つまり、公演じゃないけど、事実上の「教室公演」。しかも演目は「ナイゲン」。高校時代に教室でのクラス演劇で演劇を始めた自分としては、感慨深すぎてエモーション爆発するんじゃないかと思ってたけど、意外と演劇づくりに必死になってそのまま終わりました。
ただ、上演成果としては最高でしたね。只の教室なわけで、外の音も外の光も入るわけで、昼間のうちに開演した公演が、最後の最後に議長が電気を消すと窓の外が夜になっている光景はちょっと鳥肌モノでした。
PICUPI53A5795.JPG

●『ナイゲン(全国版)』京都公演(元・立誠小学校音楽室)
東京試演会が終わってすぐ、夜行バスで京都入り。そのときはまだ京都公演の予約数もちょっと不安なくらいの数字だったのだけど、上演したらすぐに口コミで予約が増えて、最後の二日間は完売→増席→それも完売になるという有り難さ。会場だけでなく、京都の土地そのものとも合っていたのかもしれないですね。
いや、ホント、京都公演に関しては楽しいことしかなかった。銀行のキャッシュカードが磁気不良で死んだ以外は。
IMG_2730.JPG

●天てれの脚本書いてました
12月に放送した岡山県の回。普段は一人ずつしか出ない千鳥がお二人揃って出演ってことで友情物語に。

【11月】
●『ナイゲン(全国版)』東京公演
お祭りでしたね。そんでもってイベントとしてワーッてなっただけじゃなく、演劇作品として一番面白いナイゲンになったという自信があります。
30席のにしすがも創造舎、60席の元・立誠小学校から、400席の新宿FACEへ。立ち位置だけでなく細かなニュアンスを整理して臨んだからか、意外と「空間が広すぎてスカスカ感がなかった」という評価が多かったし。
やっぱり演劇公演ってのは祭だよ。大きいところでやらなきゃいけないってわけじゃなくて、「小さい会場でも大きい会場でも、演劇は本質的に祭である」ってことを、大きい会場でやったことで認識した、というか。
作品について語ったら無限になりそうなので、語りきれないので、ここでは書かないですが。
お疲れ様っす、ナイゲン。
I53A3865.JPG

【12月】
●アガリスクの新展開の準備
会議したり写真撮ったり、企画書作ったり、準備ばっかりしてました。で、明日の昼に色々発表しますね。

■総評■
なんか、常に本番直前みたいなマインドで過ごした一年でした。ずっと劇団やってた、というか。
『ナイゲン(全国版)』という大きな目標をファンの方々と共有して、作品を上演する/観るという関係を結びながら、一緒に走ってきたような感覚です。大変お世話になりました。ありがとうございました。
で、やっぱりそうじゃないとですよね。それが劇団の、芸能の、醍醐味ですよね。
『紅白旗合戦』が終わったときに「新作書くのは当分いいや…コメフェス2015後はだいぶ書かないかも…」と思ったり、『ナイゲン(全国版)』やってる時に「次の公演まではちょっと空くかも…」と思ってましたけど、全然そんなことなくなってきました。上記の「新展開」です。
公演と公演が繋がってて全力で駆け抜けてきた2015年でしたが、来年も意外とそんな感じになりそうな予感です。
思いのほか勢いが落ちない2016年のアガリスクをどうぞよろしくお願いします。
posted by アガリスク at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

『ナイゲン(全国版)』東京公演という大勝負

さて、ここここにも書いた通り、『ナイゲン(全国版)』東京試演会(にしすがも創造舎)・京都公演(元・立誠小学校)が終わりました。
しかし、まだまだ勝負が残っています。
今回の公演史上、いや『ナイゲン』史上、いやアガリスクエンターテイメント史上最大の大勝負、新宿FACEでの東京公演です。

ナイゲン(全国版)のツアーファイナルにして、決戦の地、新宿FACE。
演劇界隈の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、プロレスやライブなどで使われるイベントホールで、キャパシティは400〜500人!
単純な客席数で言うなら、本多劇場より多いです。紀伊國屋ホールとかパルコ劇場とかの規模です。おいおい、どうすんだアガリスク。

何度も再演してきて、おかげさまでご好評頂いてきて、劇団代表作となった『ナイゲン』という芝居を卒業するにあたり、悔いの残らないような、思い切った場所を選んでみました。
もちろん、劇場のサイズが・席数が大きけりゃすごい、なんてことは無いです。にしすがも創造舎とか、元・立誠小学校とか、シアターミラクルとか、それぞれ素晴らしい会場でした。
でも「何百人ものお客さんが、グルっと囲んで会議を見守る」というナイゲンを、いつかしたいと思っていました。
そして、これを逃したらその機会はもう無いと思いました
なので、劇団として、めちゃくちゃ大博打を打ちました。

しかも、初めての旅公演と一緒にやっちゃったもんだから、まぁ大変ですこと。
アガリスクの存亡は、マジでこの東京公演にかかっているのです。
皆様、そこんとこよろしくお願いします!(笑)

で、まぁそんな「存続がかかってるから来て!」なんて脅しみたいな(脅しにもならんよ、「知らんがな」って人も沢山いるだろうし)理由だけじゃなく、本当に観てほしい作品です。
千葉県の片隅にある高校の、文化祭の準備のための、クラスの代表者たちしか出ない会議を舞台に選んだ物語です。どんだけニッチなんだ。
そして俺個人の“国府台高校らしさ”に固執して、卒業してからようやく気付けた自分なりの国府台高校論をテーマにしてます。どんだけパーソナルなんだ。
でも、それを頑張ってコメディにして、出演者みんなが自分の個性を持ち寄って、お客様が色々な解釈をしてくれて、再演の度に何度も叩き直した結果、とても普遍的で、話し合いの根源的な意義をいていて、なによりとても笑える芝居になりました。
どこに出しても恥ずかしくない、僕の、っつーかアガリスクエンターテイメントの、っつーか現代日本シチュエーションコメディの、代表作になったと自負しています。
今後ずっと上演されていって欲しい作品ですが、劇団でやるのはおそらく最後です。
どうぞ、この機会に観てください。本当に、よろしくお願いします。

〜前売り券(事前精算)についての切実なお願い〜
一度にお迎えするお客様の人数が大変多く、受付の混雑が予想されるため、前売券(事前精算)を強く推奨しております。
その為、ご予約方法が複雑だったり、登録が必要だったりとお手数をかけることにもなりますが、どうぞご協力を宜しくお願いします。
もしわからなかったら、メール、電話、Twitter、facebook、LINEなどなど、どの手段でも結構です、冨坂までご覧楽くださいませ。
ご都合が合えばチケットを持ってお渡しに伺います。

アガリスクエンターテイメント十周年記念興行・第21回公演
『ナイゲン(全国版)』
東京公演:11月13日(金)〜11月14日(土)@新宿FACE

脚本・演出:冨坂友

【概要】
傑作青春群像会議コメディ、最後の再演&ツアー公演決行!!
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが2006年に初演し、2012年、2013年と再演を重ねてきた、劇団代表作の青春群像会議コメディ『ナイゲン』。
数多くの団体によって上演され、早くも「会議劇の新たなクラシック」との呼び声も高い本作を引っさげて、初のツアー公演を決行!
“学校の教室でナイゲンを観る”東京試演会(都内某所・近日発表)と京都公演(元・立誠小学校)、そして収容人数500人のイベントホールでの東京公演(新宿FACE)まで駆け抜ける、アガリスク初のツアー公演にして、最後のナイゲン再演興行!

■東京公演(新宿FACE)■
【日程】
2015年11月13日(金)〜14日(土)
11/13(金)19:00
11/14(土)13:00/18:00

【会場】
新宿FACE

【料金】
座席表はこちら
S席(指定席):前売(事前精算)3,800円
A席(指定席):前売(事前精算)3,300円
B席(自由席):前売(事前精算)2,800円/予約(当日精算)3,300円
※会場にて別途ドリンク代500円がかかります。ご了承くださいませ。

【割引】
●貧民割引…500円引き
当日受付にて「貧民です」とご申告した方は500円キャッシュバック!
S席・A席・B席とも、前売(事前精算)でご購入のお客様が対象。
●リピーター割引:1,000円割引
本公演に一度ご来場頂いたリピーターのお客様は1,000円割引します(要半券提示)。

【ご予約方法】
●WEBでの前売券(事前精算)のご予約方法
・以下のサイトからお席をお選びください。
 S席/A席(指定席)はこちら→ http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=29835&
 B席(自由席)はこちら→ http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=29908&
・発行されたお支払番号を持って、全国のセブンイレブンでお支払いと発券をお願いします。

●メールでの前売券(事前精算)のご予約方法
・以下の項目を明記のうえ、または冨坂まで、メールにてお申し込みください。
 @お名前
 Aお電話番号
 B日時(例:11月14日13時の回 など)
 Cお席の種類(例:A席 など)
 DS席・A席の場合はブロック(例:南 など)
 E「この出演者から買いたい」というご希望※誰々扱い(あれば)
・発行したお支払番号をお送りします。全国のセブンイレブンでお支払いと発券をお願いします。

●電話での前売券(事前精算)のご予約方法
・以下のフリーダイヤルにおかけの上、オペレーターにご希望の日時・席種・座席のブロックをご指定下さい。
・カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日 10:00〜18:00)
・発行されたお支払番号を持って、全国のセブンイレブンでお支払いと発券をお願いします。

●WEBでの予約券(当日精算)※B席のみ のご予約方法
・以下のサイトにご入力ください。
 予約フォーム→ https://www.quartet-online.net/ticket/agarisk21?om=cajfbfi
・お支払いと発券は当日の受付で行います。受付でご予約のお名前を仰ってください。

■作品について■
【あらすじ】
“自主自律”を旨とし、かつては生徒による自治を誇っていたが、今やそんな伝統も失われつつある普通の県立高校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥仕合がはじまった…!

【ナイゲンとは】
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが上演する、高校の文化祭の代表者会議を舞台にした会議コメディ。
メンバーの母校でもある千葉県立国府台高校に実在する会議をモデルにしている。
会議に不慣れな高校生が文化祭の発表内容について話し合い、1クラスを落選審査する泥仕合をコメディとして描きつつ、「自治」「話し合い」の意義を問う青春群像劇。

【キャスト】
淺越岳人
塩原俊之
鹿島ゆきこ
沈ゆうこ(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
金原並央
甲田守
さいとう篤史
津和野諒
古屋敷悠(MU/ECHOES)
細井寿代
信原久美子(コメディユニット磯川家)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

【詳細・お問い合わせ】
ナイゲン(全国版)特設ページ→http://naigen2015.agarisk.com/
Eメール→
電話(各会場の公演期間中のみ)→070-6985-6433
posted by 冨坂 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

小劇場には向かないお芝居

ベタで一直線なシチュエーションコメディほど、小劇場演劇には似合わないのではないか?と思う夜。
舞台セットとか劇場のサイズにお金かかるって面だけじゃなくて、笑いの量って意味でも、出演者と観客が身近じゃない方がウケるんじゃないかと思う。「芸能人と一般客」になった方がウケる作風なのでは?

そもそも、人気・実力のある有名キャストと、お金をもってる紳士淑女が、(言い方悪いけど)「余剰の技術と余剰のお金を提供しあってつくる嗜み」なのでは?とか。

現代日本においてシチュエーションコメディってのは、無名の若者がやる「何が起こるかわからないぞ…!」って芝居を、同じく若者が千円札1,2枚握りしめて見に行くようなものじゃないんだよな。

そんなことを、ギリ小劇場の範囲だけど、人気俳優が出てる、それでいて脚本はどっかで見た作品のサンプリングのようなシチュエーションコメディを見て考える。

いや、大事なんだよ?あんまり演劇観ない俳優ファン・声優ファンが初めて劇場にきたときに、ちゃんとドカンとウケるシチュエーションコメディを上演しておくのは。

そんな中で、どインディーで金も大したキャリアもない20代・30代の小劇場劇団がどうやってこのジャンルに勝ち目を見出していくか、ってことを考えなきゃだ。
posted by 冨坂 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメフェスがYahooニュースに載りました&9/12(土)の放送!

先日の黄金のコメディフェスティバル2015の優勝の件が、Yahooニュースに載りました!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00000018-minkei-l13

念願の優勝で嬉しかったのと、超気に入った作品で獲ったのが嬉しかったのとありますが、こうして劇団の名前が広く知られるのも嬉しいです。
それにしてもこの真ん中の賞状持ってる主宰、ドヤ顔すぎるでしょ。俺こいつ嫌いだわー。
そして、グランプリ作品『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』が9/12(土)24:00〜25:00(9/13の0:00〜)にBS日テレにて放送されます!
演劇をやっている人がテレビに関わる機会、で言うと、作家がテレビのシナリオを書くことはあります。役者が個人でテレビの作品に出演することもあります。
しかし、劇団単位でテレビに取り上げられることは稀です。
そして、劇団の作品がそのままテレビで放映されることなど、なかなかありません。
そんな得難い機会に放送されるのが『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』という、最もコアで、最もニッチで、最も自分達らしい作品だというのもなんだか感慨深いです。
海外風のシチュエーションコメディをやりつつ、シチュエーションコメディを論じる、変則的なシチュエーションコメディ。
自分達がコメディを作っている上で感じた疑問やら不満やら怒りやらを結晶化した、「誰得!?」な45分ですが、今までで一番密度高く笑いをとった45分でもあります。
さて、お茶の間のテレビで見るとどう映るのか…?
ぜひ皆様もご家庭でご覧くださいませ!
ちなみに作品のイメージビジュアルはこちら→http://stage.corich.jp/img_stage/l/stage51650_1.jpg
皆様に頂いた感想をまとめたのがこちら→http://togetter.com/li/865417
です。
なお、当日放映直前か直後に、『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』の出演者による作品創作の裏話などの音源をアップします。
こちらも当日によろしければお聞きください。
http://radio.agarisk.com/
posted by 冨坂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

黄金のコメディフェスティバル2015終演しました。グランプリなど頂きました。

黄金のコメディフェスティバル2015は無事にその全日程を終了しました!
ご来場下さったお客様、気にしてくれていた皆様、1日3ステが何連続つづくんだ…という10日間を支えてくれたスタッフの皆さん、そして一緒に闘った5劇団、あと最後に一緒に作品を作ったアガリスクメンバーと客演のみんな、誠にありがとうございました。

また、コメフェスは賞レースでもあります。
8/30の千秋楽ぶっ通しスペシャルの終演後に行われた表彰式にて、個人で
・最優秀脚本賞
アガリスクエンターテイメントとして
・高校生審査員賞(高校生審査員による投票)
・観客賞(全3チームを観た観客による人気投票)

そして
・最優秀作品賞(グランプリ)
を受賞致しました。
o0480048013412848532.jpg

IMG_2439.JPG

IMG_2433.JPG

最優秀脚本賞は、昨年に引き続き二年連続で頂きました。“シチュエーションコメディのおかしなところを批評しながら進むシチュエーションコメディ”という、だいぶニッチで、「なにその問題意識?」「誰得なの?」っていう、自分達しか悩んでないんじゃないか的な題材の脚本が賞を頂けてとても嬉しかったです。
表彰式でも言いましたが、この作品の中身の部分というか『ワイフ・ゴーズ・オン』での細かいセリフ回し・表現は、主演の矢吹ジャンプの肉体から出たものです。そして、『七人の語らい』部分でのシチュエーションコメディを斬る視点は、ずっと一緒にこのコメディの問題意識に突っ込み合ってきた淺越岳人、塩原俊之と一緒に培ったものです。
この全体のアイデアも、「典型的なシチュエーションコメディと会議のコメディをどうやって組み合わせよう」と悩んでた時に、淺越としゃべって出来たものです。理屈っぽさや捻くれた部分を共有できる限り、彼は最強の文芸助手だと思います、マジで。

高校生審査員賞は、観客としても作り手としても、演劇界の未来を担う高校生の評価を得られたことがとても嬉しかったです。表彰式では「劇団の賞味期限が延びたかな?」なんて冗談で言ってましたが、帰宅して、審査員のひとりのTwitterを見て背筋が伸びました。



なんて冷静で、的確な視点で、コメディを・コメディフェスティバルを捉えているんだ…
普段ナイゲンとか紅白旗合戦とか高校生の作品を作ってて「高校生の思考を舐めない」に気を付けているつもりの自分でしたが、それでもまだどこか甘く見ていた部分があったんじゃないかとハッとさせられました。そして賞を発表するまでそれを秘している審査員としてのプライドとかもすげえ。

観客賞は、ハッキリ言って意外でした。いや、もちろんウケていたので皆様の支持も頂けているかなぁーとは思っていたのですが、実際に投票をして頂けているとは思っていませんでした。
黄金のコメディフェスティバルは全3チームを見た観客に投票権が与えられます。そして観客投票は最優秀作品賞にも影響します。つまり、投票をするためには3チーム見なければならない。贔屓の劇団があるなら、そこを勝たせるために3チーム6劇団を見る、という考えになってもおかしくないです。というか、普通そうだと思います。
ぶっちゃけたところ、アガリスクエンターテイメントはそこまで投票権のあるお客様を呼んだ方ではありませんでした(勿論、通しで予約をしてくれた、応援してくれているお客様もいらっしゃって、それはとても感謝しているのですが)。なので、審査員とかに評価してもらったら、あとは観客投票を集める劇団から逃げきれるかが勝負だと思っていました。
しかし、観客賞を頂けた。これは、このフェスティバルの投票権を持っているお客様が、いかに公平で、いかにガチで、いかに「作品の面白さ」で投票をしていたか、ということだと思います。
お客様の、イベントを楽しむ姿勢に、審査員としての矜持には、尊敬すら覚えます。
そして、こんな性格の悪いコメディを楽しんでくださって、本当にありがとうございます。

その結果、最優秀作品賞(グランプリ)を頂くことが出来ました。悲願の優勝です。
昨年、「コメディを作るために旗上げて、コメディ専門でやってきた劇団」としてコメフェスに出場し、色々評価を頂きつつもグランプリには届きませんでした。表彰式の最後にテーマソング『すまいるだいなそー』を聞きながら泣きました。
今年のアガリスクの出演者は、全員が昨年のその思いを共有しているメンバーです。劇団員とか客演とか関係なく、出演者一人ひとりがリベンジの思いを抱いて参加していました。
僕自身としても勿論そうですが、出演者の皆と悲願達成の喜びを味わうことが出来たのがとても嬉しかったです。
そして今まで応援してくれた方々、いつも見に来てくれる方々、かつて一緒にやっていた仲間、そういった周りのみんなに喜んでもらえたことがとても嬉しいです。
CNqxBAdUcAABFXk.jpg

CNqbU4CUcAA6gfK.jpg

o0480048013412848516.jpg

(↑後々「その泣きっぷりで劇団員じゃないんかい!」と突っ込まれる斉藤コータ、翻って「イェーイ」とか言ってる塩原俊之、順当に泣いている鹿島ゆきこ・沈ゆうこ、泣き崩れすぎてフレームインしていない淺越岳人)

そして、悲願の優勝を達成した作品が『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』という作品であることがとても嬉しく思います。
自分で言うのも野暮ですが、この作品の肝はメタ演劇であることだけでは無いと思ってます。
「演劇について言及する演劇」というものは沢山あります。舞台上の表現・いわゆる「演劇の嘘」について言及する笑いというのも過去に沢山あります。そんな中で『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』は、「シチュエーションコメディをやりながら、シチュエーションコメディを批評し、その結果 より難しくて、よりくだらない制約が出来ていく…。その中で無事に時間内に上演し切ることができるのか…?」という作品です。
つまり、最終的に「とある制約の中で目的を達成するために足掻く様を笑う」というシチュエーションコメディの構造に立ち返っています。そこが肝です。淺越もTwitterにポロっと書いていたけれど「シチュエーションコメディ・ゴーズ・オン」なんです。
そんな、自分達の表現、自分達のやってきたことについて「大嫌い 大嫌い 大嫌い 大好き」と叫ぶ作品を上演して、コメディのフェスティバルで優勝できた、ということにとても意味を感じています。

そして、こんな嫌味で偉そうな作品を作り、ありがたい賞まで頂いた以上、これからの活動が問われます。
一緒に闘った5団体、審査してくださった皆様、見て下さったお客様に恥じないように、自分たちの考えに真摯で、独自で、なおかつウケるコメディをつくっていきます。
今までの応援、誠にありがとうございました。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。


そして、他の受賞した皆様も含めた受賞者一覧をば。
黄金のコメディフェスティバル2015
受賞者一覧

最優秀作品賞 アガリスクエンターテイメント
優勝作品賞 バンタムクラスステージ

最優秀脚本賞 冨坂友
優勝脚本賞 バブルムラマツ

最優秀演出賞 細川博司
優秀演出賞 バブルムラマツ

最優秀俳優 福地教光

優秀俳優
ガラかつとし CR岡本物語 すずきつかさ ボス村松

鈴木聡賞 Peachboys

西田シャトナー賞 野村浩二 すずきつかさ

手塚宏治賞 小川大悟 KYOKYO じぇーむす

日本コメディ協会賞 Peachboys

高校生審査員賞 アガリスクエンターテイメント

観客賞 アガリスクエンターテイメント



今年のコメディフェスティバルは、昨年以上に間違うことなきコメディのフェスティバルでした。
皆が自分の思うコメディをぶつけ合う思想戦でしたし、自分の思う「笑いと物語の関係性」を競っていたように思います。
そして、開会式・閉会式・会期中の交流まで含め、お客様だけでなく団体同士・スタッフ間にまで「人を笑わせること」「楽しませること」という大きな目的が途切れることなく流れているフェスティバルだったと思います。
西田シャトナー賞を受賞された、すずきつかささん、野村浩二さんをはじめ、盛り上げて下さった皆様、本当にありがとうございました。



千秋楽の翌日、最優秀作品の公開収録が行われました。
IMG_2435.JPG
(↑チャンの「ヤッベ」の一言をやけに気に入り、そこに全力を注ぐプロフェッショナル達)
そう、最優秀作品の本編の放映を中心に、今回の黄金のコメディフェスティバル2015の模様がBS日テレにて放映されます。
演劇業界とテレビの関係でいえば、作家がテレビの仕事をする、役者がテレビの仕事をする、ということは沢山あります。
しかし、「劇団」が「作品」がテレビで放映されるというのはとても貴重なことです。

だいぶニッチな作品ですが、今年のコメディフェスティバルを、いやコメディ劇団を代表する身として、劇場に来ていないお客様にも楽しんで頂ければと思っております。
9/12(土)の深夜24:00〜25:00(つまり9/13になった瞬間の0時ですね)から、BS日テレにて放送されます。
皆様、是非ご覧ください。BSが映らないという方は、知り合いの方に録画してもらってご覧ください。
そして気に入ってくださった方、はたまた言いたいことがある方は、是非BS日テレにその思いをお便りで届けて下さい。
皆様のご視聴と、その反響が、今後のコメフェスのテレビ放映、だけでなく演劇のテレビ放映という行為そのものにつながります。
宜しくお願いいたします。

■番組名■
黄金のコメディフェスティバル2015
■放送日時■
2015年9月12日(土)24:00〜25:00[HD]
■番組概要■
小劇場から始まる、演劇界の若き力の挑戦…。新進気鋭の6つの劇団が新作コメディで競演し、<笑いと笑いと感動>をステージからお届けする激闘の10日間!
若き演劇人たちの良質な作品作りを応援するために、テレビと劇場がタッグを組んだイベントが「黄金のコメディフェスティバル」。第3回目となる今回も選りすぐりの6劇団が参戦!昨

年をさらに上回るハイレベルな戦いが繰り広げられること必至です!
各劇団の作品は、観客投票も含めたコンテスト形式で審査を行い、栄えあるグランプリ作品は、BS日テレでの放送でその笑いと感動を再現!番組では、グランプリ作品の他に、6劇団の

熱い10日間の模様も盛り込み、演劇界の熱気をそのままお届けいたします。

【あらすじ】
公演期間:2015年8月20日(木)〜8月30日(日)
場所:シアター風姿花伝(新宿区中落合)
      
【出演者】
*参加団体/劇団 *50音順
・アガリスクエンターテイメント
・劇団鋼鉄村松
・スズキプロジェクト バージョンファイブ
・バンタムクラスステージ
・Peachboys
・モーレツカンパニー
posted by 冨坂 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』=アガリスクエンターテイメント

黄金のコメディフェスティバル2015、現在開催中です。
ご来場下さった皆様、誠にありがとうございます。

閉幕も近づきましたが、どうしてもまだまだ多くの方に観て頂きたいので、ちょっとここらで今回の作品についてお話を。

今回、『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』という作品を作りました。タイトルの途中に「/」とか入っていて「え、一本なの?二本なの?」とややこしい感じですが、一本の作品です。

これは、“典型的な海外シチュエーションコメディ(主人公が浮気とかお金とかで周りに嘘ついて、誤魔化して、その結果誤解が膨れ上がり、逆にどんどんピンチに陥っていく様を観察するような、そういったコメディです)”と、アガリスクが最近やっている“会議で理屈をこねて、多数決で何かを決めていくコメディ”を掛け合わせたコメディです。
掛け合わせたことにより話が全然進まなくなる様子を笑うコメディです。

なんでこんなヘンテコなコメディをわざわざ作ったのか、というと、自分達が10年間やってきた“シチュエーションコメディ”というものをもう一度信じる為です。

そもそも僕は、三谷幸喜氏の『君となら』や『バッドニュース・グッドタイミング』を見て、こういうものが自分でも作りたいと思って演劇を始めました。
と同時に、演劇の勉強もしないまま、演劇の環境もないなか、劇団を作って自作を上演し始めました。なぜなら、演劇をやりたいとか劇団をやりたいとかじゃなく、こういうコメディを作ることだけが目的だったから。

しかし、自分で作って上演したり、他劇団が上演しているシチュエーションコメディ(オリジナルのものも、海外の傑作シチュエーションコメディと言われるものも)を見るにつけ、だんだんと疑問が募っていきます。
「これは、演劇として、もっと言うと“人を笑わせる表現”として、本当に面白いのだろうか…?」と。

21世紀の演劇表現を見渡すと、もっと斬新な演出も、胸をえぐる物語も、見た人間の好奇心を刺激する設定も沢山生まれています。
翻って“人を笑わせる”という観点で他分野を観ると、最初の数秒から最後のオチまで人を笑わせ続ける漫才や、時に演劇よりも示唆に富んだコントもあります。

そんな中で、セットを組み、人物を大勢出し、長い上演時間をかけて、お話に沿ってしか人を笑わせられないこのジャンルは、果たして表現として優れているのだろうか。
そんなことを考えるようになりました。

しかし、どれだけ違うことを考えようとしても、僕たちの思考は、志向は、ここに向かってしまいます。
ついついお話の中で、手順を踏んでネタを展開させようとしてしまいます。
そして、積み重なった状況が生む“何をしても面白い”無敵時間を、笑わせた先にしか到達できない物語を知っています。

だから今日も、様々な疑問を、呆れを、疑いを屁理屈に乗せて、シチュエーションによる笑いを作ります。

大嫌い 大嫌い 大嫌い 大好き ah


ということで、“嘘ついて誤魔化す型シチュエーションコメディ”をやるために劇団を始めた我々が、このジャンルに引導を渡し、もう一度愛するための集大成です。
今回は、昨年準優勝だったコメフェスのリベンジであると同時に、かつて同じような視点で作ったもののコメディとして完成させられなかった『死チュエーションコメディ』のリベンジであり、同じような思想で作った代表的短編『エクストリーム・シチュエーションコメディ』のようやく出来た発展形です。

あと残りのステージは今日8/28(金)の16時、29(土)の13時、そして30(日)の全団体ぶっ通しの12時の3回。
そして、優勝したら公開収録の8/31(月)か。

いつまででもやってたい作品ではありますが、と同時に、コメディフェスティバルでやるからこそ意義のある作品だとも思っています。

アガリスクエンターテイメントを知っている方、シチュエーションコメディを知っている方、是非この作品は見て頂きたいです。
これが、アガリスクの、エンターテイメントです。


■公演詳細■
アガリスクエンターテイメント
黄金のコメディフェスティバル2015参加作品
『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』

●頂いた感想のまとめ→http://togetter.com/li/865417

●ご予約→https://ticket.corich.jp/apply/64153/006/
または何かしらの手段で冨坂までご連絡下さいませ。お席をご用意します!

●公演情報
【会場】
シアター風姿花伝(東京都新宿区中落合2-1-10)

【タイムテーブル】
2015年8月
〜残り〜
28日(金)13:00チョキ/16:00★パー/19:30グー
29日(土)13:00★パー/16:00グー/19:30チョキ
30日(日)12:00ぶっ通しスペシャル/20:00 授賞式
※受付開始は開演の45分前より。開場は開演の30分前より
※本公演は、6団体が3つのチームに別れ、2団体の45分間の作品を同時上演します。
※アガリスクエンターテイメントは★パーチームです。

【料金】
○一般
前売3,500円
当日3,800円
○高校生以下(要学生証)
前売2,500円
当日3,000円
○一日通し券
8,500円(3公演ある日)
○千穐楽ぶっ通しスペシャル
8,500円

【あらすじ】
”ーーー集められたのは七人の男女、決めるのは一つの評決。”
平和的な話し合いが、皆の私利私欲と謀略によって泥沼の戦場と化していく様を描く会議コメディ『七人の語らい』。
”二重結婚している男の妻同士が偶然鉢合わせ…!”
双方の家庭を守るため、二人の妻にその事実を隠そうと奔走する男の、嘘と誤解のシチュエーションコメディ『ワイフ・ゴーズ・オン』。
アガリスクエンターテイメントは、どちらをやるべきか迷っています。

…という二つの作品案を掲げるアガリスクがお送りする、「屁理屈シチュエーションコメディ」の真骨頂!
誰も見たことがないのに、何よりもアガリスクらしい。そして、どこよりもウケる作品。
そんな芝居を引っさげて、コメディの祭典に臨みます。

【出演者】
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ
(以上アガリスクエンターテイメント)
津和野諒
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

【作品情報】
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=65033

◆全参加団体やチーム内訳など、黄金のコメディフェスティバル2015の詳しい情報については下記公式サイトをご参照ください。
http://come-fes.com/
posted by アガリスク at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

コメフェスのアガリスク作品『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』について

アガリスクエンターテイメントは、今年も黄金のコメディフェスティバルに出場し、『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』という45分間の一本の(タイトル的にここがややこしいんですが)中編コメディを上演します。

ここ数年、アガリスクは”屁理屈シチュエーションコメディ劇団”と標榜してるわけですが、そのキャッチコピーってまさにこの作品のことを指してるんじゃないかってくらいだし、そのくらい自分達自身だし、そのくらい面白いんじゃないかと思って作っている作品です。

去年のコメフェス出場作品『出会わなければよかった二人』は、準グランプリを頂いたり、最優秀脚本賞頂いたり、劇団初見のお客様に気に入って頂いたりと、とても光栄でしたが、やはりどこかよそ行きで、「自分達の考え全部のせ」ではなかったという反省はあります。対して今作は、会議と屁理屈でシチュエーションコメディをアップデートする、本音の一本です。

端的に言うと「重婚している男の妻同士が鉢合わせ!男は秘密を隠しきれるのか?」というシチュエーションコメディと、コメディのあり方についての会議が絡み合って進む一本のコメディです。

旗揚げ当初からやっていた(というかこれを自分で作りたくて演劇始めた)“嘘ついて誤魔化す系シチュエーションコメディ”と、『ナイゲン』やら各種コントで最近のアガリスクが取り組んでいる“話し合って投票する会議コメディ”の化学反応!触媒は“屁理屈”!といった作品です。

ということで、よそ行きな良い感じの物語でもなければ、サービスの派手な演出もない、純度100%のアガリスクらしいコメディを作りました。
何故ならそれが一番笑えるものになるから。“コメディ”フェスティバルだしね。

奇妙かつ王道な、多分他のどこも作らないコメディを作りました。『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』是非ご覧くださいませ。
ご来場、心よりお待ちしております。

《公演詳細》

アガリスクエンターテイメント
黄金のコメディフェスティバル2015参加作品
『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』

【脚本・演出】
冨坂友


【あらすじ】
”ーーー集められたのは七人の男女、決めるのは一つの評決。”
平和的な話し合いが、皆の私利私欲と謀略によって泥沼の戦場と化していく様を描く会議コメディ『七人の語らい』。
”二重結婚している男の妻同士が偶然鉢合わせ…!”
双方の家庭を守るため、二人の妻にその事実を隠そうと奔走する男の、嘘と誤解のシチュエーションコメディ『ワイフ・ゴーズ・オン』。
アガリスクエンターテイメントは、どちらをやるべきか迷っています。

…という二つの作品案を掲げるアガリスクがお送りする、「屁理屈シチュエーションコメディ」の真骨頂!
誰も見たことがないのに、何よりもアガリスクらしい。そして、どこよりもウケる作品。
そんな芝居を引っさげて、コメディの祭典に臨みます。

【出演者】
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ
(以上アガリスクエンターテイメント)

津和野諒
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)

斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

【作品情報】
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=65033

【会場】
シアター風姿花伝
(東京都新宿区中落合2-1-10)

【タイムテーブル】
※本公演は、6団体が3つのチームに別れ、2団体の45分間の作品を同時上演します。
アガリスクエンターテイメントは★パーチームです。

2015年8月
20日(木)19:30黄金の開会式
21日(金)19:30グー
22日(土)13:00チョキ/19:30★パー
23日(日)13:00★パー/16:00グー/19:30チョキ
24日(月)13:00グー/16:00チョキ/19:30★パー
25日(火)13:00チョキ/16:00★パー/19:30グー
26日(水)13:00★パー/16:00グー/19:30チョキ
27日(木)13:00グー/16:00チョキ/19:30★パー
28日(金)13:00チョキ/16:00★パー/19:30グー
29日(土)13:00★パー/16:00グー/19:30チョキ
30日(日)12:00ぶっ通しスペシャル/20:00 授賞式
※8/20,8/21には【パーチーム】の上演はありません。
※受付開始は開演の45分前より
※開場は開演の30分前より

【料金】
○一般
前売3,500円
当日3,800円
○高校生以下(要学生証)
前売2,500円
当日3,000円
○一日通し券
8,500円(3公演ある日)
○千穐楽ぶっ通しスペシャル
8,500円
※20時からの授賞式は入場無料です。
〇8/20「黄金の開会式」カンパ制

【チケット予約】
ご予約は下記URLよりお願いいたします。
https://ticket.corich.jp/apply/64153/006/

【公演に関するお問い合わせ】
黄金のコメディフェスティバル実行委員会
contact@come-fes.com

◆全参加団体やチーム内訳など、黄金のコメディフェスティバル2015の詳しい情報については下記公式サイトをご参照ください。
http://come-fes.com/
posted by アガリスク at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。